manylife

自動車保険について知っておきたいこと

自動車保険の種類

自動車保険の種類は、絶対必要なものが、新車購入時や車検時の自賠責保険というものがあります。
これはバイク保険対応のものもあります。
自賠責保険というのは、主に人身事故に対応する最低限の保険のことで、もし万が一加害者になったときに、相手への補償を繋ぐものになります。
自賠責保険に加入していなければ、自動車を運転することは禁じられています。

そして、任意保険という、自動車保険会社が提供しているものがあります。
これは、人身事故や対物事故、車両保険など、ほかにも様々な付帯サービス保険があり、オプションで様々な特典をつけることが可能です。
つまり、自賠責保険で対応のいかない数ある種類の自動車事故に関して補償を付与するものになります。

任意保険の種類に関しては、各自動車保険会社の説明事項をお読みください。
また、得点の付与のしかたにより、保険料金の全額が変わってきます。

自動車保険の用法

自動車保険の用法としては、事故が起こった際に、有用になる自賠責保険とは別に、任意保険のケースでは、車両保険といって、車が勝手に事故にあった場合に保険会社に代行してもらい、車両の補償を受け取ることのできるサービスがあります。
つまり、車両の修理費用を調整してもらえる保険適用がある訳です。

他にも、付帯特典として、任意の自動車保険のサービスの中にはレッカー移動を依頼する場合のサービスや、ガソリン切れのさいの、かけつけサービスを付加しているところもあります。
つまり、緊急時の対応としての付加サービスが特典であるところがあります。

通常の自動車保険の適用では、事故を起こした際に、保険会社同士もしくは、個人を相手に、保険業者が示談交渉にでて、その補償額に関して交渉に入ってくれます。
要するに事故の当事者に一番迷惑のかからない仕組みで車の処理が可能になる訳です。

自動車保険の上手な使用法

自動車保険の上手な使用法としては、たとえば、入社するような就職の際に、保険適用の自動車での通勤を認めるといった事項があります。
保険適用の自動車でなければ、社用車として運転できないという、社内規則があります。

なので、保障用の自動車保険ですが、自動車保険証を発行してもらい、その証明書面にて、会社手続きを行うという用法があります。
これは、会社に対する証明項目として実効性が高く、とくに人身事故や対物事故に対して、無制限の保険項目を常用として、義務付ける会社組織もあります。

自動車保険に加入していて、その証明を取りたい際は、自動車保険の更新日や、新規の申し込み時において、自動車保険証を発行してもらいましょう。

会社関連には、そのコピーを納品することで、対応がうまく進みます。

自動車保険というものは、自車の補償の問題だけでなく、社会的サービスの一環であることが多いのです。


2018年5月8日

カテゴリー : 自動車, 保険

Copyright © 2018 [manylife] All Rights Reserved.